退職金で人生初の投資。これでいいはず・・①

たった10冊くらいの投資本を読んで大体理解したつもりになってました。
これでいいはず・・・だったんですが。


時は2008年春
これからは円高だ、いいや国債が暴落して円安だ。
これからの成長マーケットは新興国だ、いやいや、やっぱり何と言っても米国が最強だ。
権威のある人たちが全く違う意見を主張します。私には結局何が正しいのかわかりません。

スポンサーリンク



全世界へ投資すればいい

マーケットはわからないけど、全世界に投資すればいいんだ。全体としては人口が増えて成長していくんだから。何かを選ばないという選択もありなんだ。

そして漠然と見えてきたのは

●全世界に分散投資する
●手数料の安いETFかインデックスを選ぶ
●手元に資金がある場合はまとまった金額を数回に分けて投資する

ETFを選択

結局私が選んだのはETFでした。
退職金があったんで手数料が一番安く、まとめて買うにはこれが最適

①TOPIX連動上場投信(1306)
②iシェアーズMSCIコクサイ(TOK)
③iシェアーズ中国大型株(FXI)

退職後の投資として今見てもそんなにずれているとは思いません。とりあえず全世界の分散投資になっています。

むしろ投資経験なしでなかなかまっとうなところではないでしょうか。そして手数料の安いネット証券を利用して購入しました。

最初の投資体験にドキドキ

春から初夏にかけて何度かに分けて投資。最初に投資するときはさすがにドキドキしました。

投資初心者の私には金額が大きいのです。

ネット証券ですからボタン1つで終了。ですがなぜだかヘトヘトに疲れ果てていました。それだけ神経使っていたんだと思います。
初めての投資のハードル超えるのは相当のプレッシャーです。

それでも
銀行預金に積んでいただけのお金がちゃんと活かされていく感じでスッキリ!したのは覚えています。

全部を投資に回したわけではありません。半分以上は定期で。
このくらいで丁度いいんじゃないかな。 後は別にやることないよね。タイミング的には少し下がってきたところで安く買えたかも。

この後すぐです。

リーマンショックがやってきたのは
私が投資したタイミングは恐ろしいことに最悪だったのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする