働く?それとも投資する?⓪

今まで投資と無縁の人生を送ってきた私でしたが手元にある預金を崩していくだけの生活は確かに不安。減っていく残高を横目で見ながら暮らすのは精神衛生上よくありません。


退職後の生活費はどれくらい?

そもそも自分が年間どのくらいでやっていけるかもわかりませんでした。
今まで通りにはいかないことはわかっていても、それが300万なのか200万なのか、それすら把握してなかったのです。

いくらであれそのうち底をついてしまうのは変わりありません。
運用するか、バイトするか、さてさてどうする?何か手を打たなくては・・

お金に働いてもらおう

その時の私はともかく働きたくなかった。バイトするというのもありなんですが、 当分は全く何にも縛られたくなかったんです。モーレツ会社員時代の反動だと思います。

大学生、新入社員時代はちょうどバブルの頃。 そのまま30代、40代を過ごしてきた私達はかなりずれていた。 世の中はバブルが崩壊してい...

そのためにはやっぱりお金に働いてもらうしかない。 生活費の足しになるくらいの運用はできないんだろうか?

でもでも、投資って怪しいものじゃないの?そんなものに近づくなってみんな言ってたし 銀行の運用は断ってしまった。

勤務20年でも早期退職の加算もあってそれなりの金額が銀行口座に振り込まれます。 退職金はこれからのリタイア生活の大切な軍資金です ...

他の誰に相談していいのかわかりません。本当にお金の話は仲のよい友達の間でもしませんね。そこは触れてはいけない暗黙の領域のようで話題に出す勇気はありませんでした。

投資に魅せられて

働かないでお金に働いてもらうなんて理解してもらえると思えません。

それでも自分で調べれば調べるほど投資は私にとって魅力的に思えてきて。そこには私の全く知らない大きな世界が広がっているように思えました。

0か100かそんなリスクの高いものではなく上がったり下がったりしながらもちゃんと増えていく投資

取り崩しながらも維持もしくはゆったりと減っていくリタイア後の投資
そういうまっとうな投資の世界が存在するんだ。

これなら私にもできるかも。やってみたい。投資の知識を身につければ40代で早々とリタイアした私もやっていけるかも。働かない暮らしが実現できるんじゃないか。

年をとっても、どこにいても何にも拘束されず自分のペースで。期待に胸は膨らみます。

ただ、ただですよ・・・・
私の周りにはそんな人見たことありません。これは夢か現実か?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする