リーマンショックで私の退職金はどうなったのか?②

2008年春ごろ
清水の舞台から飛び降りるつもりで退職金を使って人生初の投資をしました。

その2~3か月後です、リーマンショックが起きたのは。
底の見えない深い沼にはまっていく恐ろしい感触まだ覚えています。

スポンサーリンク



最後は救済されるから

本当に間の悪い話です。
私は全くの投資初心者です。しかも投資したのは退職金。失敗できない大きなお金です。

夏くらいから株価はガクンガクンと大きく下がり始めていました。

サブプライムローンのニュースも出てはいましたが遠いアメリカの話にそれほど緊迫感はなくそのうち落ち着くんだろうな

結局は大きすぎて潰せないって救済される事なるんだろう。
専門家の人も大丈夫でしょうって言ってるし。

誰もこの後に起こることを予想してはいなかったんだと思います。もちろんド素人の私なんぞに何がわかるでしょうか

それでも株価は落ち着くどころかどんどん落ちていきます。毎週毎週下値の予想が引き下げられます。皆が徐々に売り出し始めます。

私はただならぬことが起こっているんだなという漠然とした不安で何をどうしたらいいやら・・

慌てずにといわれても

初心者に株式とはそういうものだからあわてないように という教科書論は通じません。

鉄則は何もしないことと言われても私にはまだその覚悟も経験も備わっていません。

私はとりあえず持っていたTOPIX連動のETFを手放しました。

まだ傷は浅く、もう一度やり直せばいいから。そう自分に言い聞かせて。

もう十分下げたでしょ

そこで終わればいいのです。いいのですが・・・

日経平均が18000⇒12000くらいまで下げたところでこれだけ下げれば十分でしょとなんと私はETFを買い戻しにいったのです。

初心者がやることではありません
状況もわからず、経験も知識もないのにまた嵐の中に自分から飛び込むなんてあまりにも無鉄砲すぎます。

それでもその時の私には大きなチャンスに見えたのです。

金融危機がやってきた

この後9月にリーマンショックが起きます。

政府の救済の手は伸びてこなかったのです。世界を巻き込んで金融危機が起こりました。

それからは
底が抜けたようにストーンストーンと一気に12000⇒7000くらいまで落ちていきました。

新聞もTVも世間は大騒ぎです。

退職金は6割に激減

私の退職金は一瞬で6割に減ってしまったのです。

評価額を見て大きなため息が漏れます。どうしようー私のリタイア生活はどうなるんだろう。大きな不安が襲ってきます。

投資したことを後悔してるというよりもうまくやれない自分に失望してるのです。ETFを買う十分な投資資金は残っていません。

こんな失敗誰にも言えません。

初心者で退職金で投資して数か月後にリーマンショックがくるなんて、あまりに痛手すぎます。

危機に自分が耐えられるかそれは各個人体験してみないと本当のところはわかりません。

暴落はマーケットの中では繰り返し起こること。決してリスクは取りすぎないように。 リスクを甘く見てはいけません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする