次のリーマンショックがやってきた時・・どうする?③

リーマンンショックは確かに大暴落だったけどこれから投資を続けていくなら 必ずまた忘れたころに○○危機に出くわす訳で。

私はどうすればそれを乗り越えられるんだろう。


商品選択は正しいはず

少ないなりにも情報を収集して日本・先進国・新興国のETFに投資したのは間違ってはいなかったはず。

たった10冊くらいの投資本を読んで大体理解したつもりになってました。 これでいいはず・・・だったんですが。

10年経った今でも、長期投資に全世界の株式指数に連動するETFや投資信託を 私は選ぶと思います。

投資商品が間違ってないのならどうしようもなかったということ??
ただひたすら耐えるしかなかったということ??

まずはリスク資産の割合を決めるべき

商品選びのその前にもっと大事なこと、私は自分のリスク許容度を全く理解していませんでした。だいたいこんなもんで、半分くらいまでなら投資してもいいんじゃないかという適当さ。

どの商品を買うか迷う前に預金の何割をリスク資産に投資するかを決めなければいけません。

大きな暴落がやってきても心の支えになるのは全く傷つかない 無リスク資産
銀行預金は増えもしませんが減りもしませんから。

リスク資産がどんなに暴れようとも心の平静が保てます。

暴落時にはこの低迷がずっと続くんじゃないか。もっと株価が下がってしまうんじゃないか。

だんだん耐えきれなくなって投売ってしまいます。

それでもマーケットはそのうち回復します。

振り返ってみるとー
何もせずに冷静に持ち続ければよかっただけです。パニック時に平静を保てるだけの無リスク資産手元に残して下さい。

暴落は避けられない

相場が好調な今、リスクとり過ぎてませんか。9年も前のリーマンショックの記憶薄らいできていませんか。

あの時の7000円なんて株価今では信じられません。でもあの時だって18000から下がっていったのです。

暴落は誰にも予測できないし、止められない。マーケットにいる限り必ず出くわすもの。

とすると私にできるのはそれを受け入れる前提での投資です。

投資に回したお金は最悪半分になってしまうそれでも自分が我慢できるのか

自分の生活設計に大きな影響は出ないのか?まずはそこからです。

小さく始めればいい

自分のリスク許容度がよくわからないなら小さく始めること

小さく始めることで投資に慣れ、リタイア生活にも慣れ自分の生活設計もリスク許容度も見えてきます。

リタイア後の投資において大事なのは大きく成功することよりも大きく失敗しないことです

投資初心者は小さく始めて自分と相談しながら増やせばいいんじゃないでしょうか。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする