退職後、保険って必要?

もともと会社員のころから保険にはほとんど入っていませんでした。唯一入っていたのは親が昔かけてくれてたがん保険のみ。

リタイアーしてからは2年の任意継続をしてから国民健康保険に加入しました。

保険について全く知らずに過ごしてきたですが医療保険などの民間の保険にはいってなくてよかったと思います。


医療保険は必要なし。国民健康保険だけで十分

色々調べていくと私には国民健康保険だけで十分でした。
高額療養費制度がありますから。
あなたの負担はこれだけです。後はいくらになっても国が負担します。 という安心感。

100万かかっても
〜年収370万で月額自己負担額57600円(差額ベッド代、食事代など別途)

更に世帯合算や多数回該当など色んな削減が用意されてます。

保険は医療費が大きくなった時に支えて欲しいもの。
本当に心強いです!

がん保険もちょっと悩んで解約

それでも悩んだのががん保険

がんは長い付き合いになるから少しくらいは入っててもいいかな?もう入ってるしそのままでも。今解約してがんになったらもったいないしなー

けど結局がん保険も解約しました。

手元に医療費として使える貯蓄があれば必要ない。

結局保険はまとまった貯蓄ができるまでのもの。
いざという時に動かせる貯蓄が200〜300万できれば卒業してもいいと考えています。

保険で得をしようという考えは捨てました。
こんなにがん保険が売れているのは日本だけだそうです。

貯蓄が十分でない若い層は検討を

医療保険は必要なし、がん保険はちょっと悩むけど貯蓄ができれば必要なし。 というのがリタイア後私の出した結論です。

ただ、現役でまだ貯蓄が少ない場合は ある程度保険に頼るのもありだと思います。

まずは⇒ 公的な保険を調べてみること(これが一番頼りになります)
それでも足りない場合に初めて⇒ 民間の保険を検討する。
そして⇒ 貯蓄でまかなえるようになったら民間保険の解約を検討する

そうやって考えると
十分な貯蓄があり、年金ももらっている高齢者には必要ないように思えます。 高齢者は医療費も安いですから。

保険ってまだ貯蓄が十分でない若い時こそ必要になるんですね


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする