最後に残った確定拠出年金。積立投資ってすごい!⑩

退職金をETFに一括投資して数か月で襲ってきたリーマンショック。

損失を何とか挽回しようと始めた日本株投資。そして大震災。その後にやってきたアベノミクスに助けられほとんどリスク資産を手放すことができました。

そして私の手元に残った唯一の資産は確定拠出年金(401K、現iDeKo)のみでした。


試練の5年間

本当にあの5年間は試練の時でした。

一生懸命前に進もうともがいているのですが、どんどん山奥に迷い込んでいて、しまいには自分がどこにいるのかわからなくなってしまう。

気が付いた時にはとんでもない場所に入り込んでいた、そういう状況でした。

私は退職金投資の打撃を抱えながらも、たたき売られいている日本株を買いはじめました。リスク資産はついに7割に届くまで膨らんでいます。 ...

幸いにして2012年末から始まったアベノミクスによる株価上昇で難を逃れることができました。

トータルではほとんど±0で手放していますから私の5年間は一体なんだったのか。むなしくなります。

それでも無事スタート時点に戻れただけでありがたい。大きな損害を受けたかもしれないわけですから。

そういえば確定拠出年金があったはず

少し余裕が出てきたころに確定拠出年金に頭が回ります。

早期退職した時 これからは厚生年金がないのでその分を補うつもりで始めたものです。ちょうど10年前に。個人型ですから年間80万ほど

正直毎月毎月積み立てていく投資法になんだかまどろっこしさを感じます。手元に退職金などまとまった資金がある場合は特に。

まあそれでも節税効果もあるっていうからやってみようか。

そしてその後ほとんど気にもかけず、私は日本株投資に没頭していくのです。

確定拠出年金は+30%に!

投資開始から5年が過ぎた2013年頃
一括投資した退職金がやっと±0に戻してこれで手放せると思っていた時です

なんと確定拠出年金は30%程の利益を出していたのです。

最初の感覚は狐につままれた感じ。えー!!何か間違ってる??

私は日本株にあれだけの時間を費やしていたわけです。何にもしなかった確定拠出年金が同じくらいの利益率を出している事に合点がいきません。

私は5年間初心者なりに時間と労力をかけてきたのですから。

私の運用の腕の無さが原因かもしれません。選んだ20銘柄が悪かったのかもしれません。

どうであれ明らかなのは私の場合5年間の時間に見合わないということです。私はただ積み上げていくだけの投資法に全く歯が立たなかったということです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする