10年目の確定拠出年金 その内訳は・・

10年前退職するときに始めた確定拠出年金
国民年金のみだと心細いから始めたものでした。

リーマンショックがあろうと大震災があろうとずっとそれだけは続けられました。そして10年がたった今その内訳は・・・


10年目のイデコの利益は57%

ここ数日株価が軟調ですね。為替も110円台とやな感じです。
久しぶりに確定拠出年金(イデコ)を見てみると・・

加入10年目のイデコの利益率は57%です。

イデコの内訳は(4/5時点)
【日本株】 ニッセイ日経225インデックス(利益率47%)
【先進国株】 DCニッセイ外国株式インデックス(利益率64%)

トータルで57%の利益率になっています。

比率は4:6

まあそんなもんでしょう。
2014年あたりからだいたい利益率60%前後をうろうろしています。

イデコの日本株と先進国株の割合は4:6

確定拠出年金開始当初は新興国株のインデックスにも投資してましたが
手数料が高い商品しかなかったので途中で先進国インデックスにスイッチングしました。

日本株・先進国株インデックスも手数料の安いニッセイシリーズに乗り換えて今に至ります。

今現在積立ているのは、

イデコで⇒DCニッセイ外国株式インデックスのみを購入
特定口座で⇒eMAXIS新興国インデックスとニッセイTOPIXインデックス

NISAは今は使ってません

NISAは少し使ってみたのですが、なんだかしっくりこなくて今は使っていません。

期間が中途半端で、今の好調期に買って、売るときにプラスになっているのか自信が持てないからです。

積立NISAが登場すれば使ってみようと思います。
金額は年40万ですが期間が20年ですから老後資金の足しになればと。

今では投資から解放された

他に特定口座で新興国のインデックスも積み立てています。無リスク資産は10年変動国債にしてます。

目標と現実の差はありますが、基本的には大きくずれなければそれでよし。

本当に今は投資から解放されています。一時はパソコンに張りついていましたから。

5年間の失敗から学んだ投資の知恵、少しは身についているようです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする