積立投資ってわかりずらい・・でも実行するのは簡単!

私は退職してからETFの一括投資や日本株投資などで失敗して
やっと5年後積立投資にたどり着いたわけですが、全く積立投資を知らなかったわけではありません。

投資を勉強していく中でインデックスの積立投資とは本の中で出会っていたんです。

でも直感的に分かりずらい・・・文章で説明されてもピン!とこなかったんです。

スポンサーリンク



本に書かれているセオリーは正しいが・・

最初の投資はETFの一括投資
「世界経済が右肩上がりで成長していくなら少しでも早くまとめて投資しておけばそれでいい。」

この説明にその通りだと思ったからです。時間のメリットが生かせるから一括で早いに越したことはありません。

その次に日本株投資を始めます。
「安いときに買って高くなったら売ればいい。投資なんてそれだけの事。」

これまたその通り。疑う余地はありません。

一見簡単そうで実行するのは難しい

でも 一括投資にはマイナス圏で耐え続けなければいけないストレスがかかります。

日本株投資はどこが安値か実際にはつかみきれません。どんどん資金がかかります。

体験した今では2つとも理論上は正しくてもとても難しいことだと感じています。

逆にインデックスの積立投資は、理解するのはやっかいです。でも実行するのは簡単。

積立投資は直感的にはわかりずらい

積立投資の説明にリンゴがよく登場します。

ドルコスト法で値段が安いときにたくさん買えるから少しでも値が戻せばプラスに浮上してくる。

何度も何度も読みましたがなんだかまどろっこしい投資法。

先の一括投資や日本株のほうが簡潔明瞭。ストーンと腹に落ちます。

どこが底かはわからないから、時間分散して買いましょう。どこかの1時点を選ばない投資法。

一番儲かる投資法ではないけれど

精神的に冷静でいれてうまくいけばそこそこの利益が得られる投資法。

一番儲かる方法ではないけど。それでも感情に支配されずにいれるのはとても楽なことです。

積立投資の不思議な世界を理解するには 星野泰平さんの半値になっても儲かる「つみたて投資」がわかりやすいと思います。

狐につままれた感覚を体感できます。積立投資のすごさと積立投資の限界と両方書かれています。まだ読んだ事ない方オススメです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする