退職後、自然と消えていくもの

会社員時代、私の出費の多くの部分は娯楽費でした。
常に気持ちを上げて高いテンションで仕事をしていましたから緊張をほぐす癒しはどうしても必要でした。

でもリタイアするとスーッと余計な力が抜けていきます。


オンとオフで全くの別人

私は元来のんびりした性格です。

先頭を切って何かをやるというよりもいたってマイペース。
遊びも友達に誘われてついて行くタイプ

それが仕事となると別人になります。

スイッチが入ったように高速モードでテキパキ動き出します。
目の前の仕事にガーと集中していきます。モタモタしてると蹴飛ばされそうな勢いです。

オンとオフの落差が激しいのです。

オフは充電、オンは放電している状態。

本来はおっとりしているので、会社の中での責任がそうさせるのでしょう。
パワーMAXでないと乗り越えられない課題が山積みです。

仕事には勢いが必要です。

どうしても充電が必要

そうするとドッと疲れます。身も心も使い果たしているので充電が必要です。回復させてまた次の仕事に向かっていかなければなりません。

温泉に行ったり、エステに行ったり、緊張をほぐしてもらいます。
私にとっては必要経費でした。

余計な力が抜けていく

それが退職すると余計な力がスーッと抜けて、本来の自分でいれます。

自然と暮らしも落ち着いてきます。
ストレスがないので無闇に癒しを求めません。

夜の飲み会も 週末温泉も、エステも必要なくなります。
家で本でも読んでゆっくり過ごすだけで十分なんです。

余計な装飾品も必要ありません。

毎日違った洋服を着る必要もなく 着て行く場所もありません。
キラキラしたアクセサリーは場違いです。

全てはストレスの代償

全てストレスの代償だったのでしょう。

あの時は疲れた心を癒す為にお金を払い、身構える為に着飾っていました。
何か大きな力に突き動かされていたようです。

退職すると身も心も解放されて、高額な出費ももう私には必要なくなりました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする