節約生活 オシャレでお金をかけるのは…

退職後ほとんどお金をかけなくなった衣装代。その中でもちょっとお金をかけるものーそれは靴。かけるといっても1〜2万程度だけど。

スポンサーリンク



靴の安物は履いてて気になる

洋服は無印が多いかな。3000〜5000円程度の物。

それでも何シーズンか着ている。外出がそれほど多くないから傷まない。
お気に入り数着を着まわしている。それで何の違和感もない。

靴も一時期3000〜5000円くらいの物を買っていたが、
何だかしっくりこない。

どうしても皮とビニールの違いが目について安物感が気になってしまう。
洋服にはあまり感じないのだが、靴は歴然と違いがわかる。

気になりだすと自分で少し気おくれしてしまう。落ち着かなくなる。

そしてすぐに傷んでしまう。傷むと更に美しくない。

結局すぐに履かなくなる。また買い換える。これではお金がもったいない。

靴はちょっといいものを

1万出してちゃんといい靴を1足買った方が長持ちして、自分も気持ちいい。

履き心地も断然違う。数は少なくていいのでいい靴を大切に履きたい。

いい靴を履いていると全体が引き締まる。安い洋服を着ていても良質に見えるから不思議だ。

バッグもおなじ。1〜3万位の物でも全体をちゃんと見せてくれる。

オーソドックスなものだと洋服と違って長く持てる。安物のバッグはなぜかすぐに飽きてしまう。いくつ持っていても使わない。夏用と冬用のお気に入りトートバッグひとつあればそれで十分。

靴、バッグにはチョッとだけいいものを。
安い洋服でも全体にキチンと感が出てくる。いい気分で出かけられるから。
お気に入りを少しだけ。その方が堅実ですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする