LED電球で電気代削減。 無駄な電気は使いたくないですね。

電気代の削減で大きかったのはLED電球への変更。注意点を書いてみる。
東日本大震災がきっかけで電力の削減に興味を持った。
もちろん節約になるし、無駄な電気は使いたくない。

スポンサーリンク



4~5年前にLED電球へ変更

LED電球に変えてもう4〜5年になる。

なかなかLED電球の値段が下がらず様子を見ていたが1000円を切り出してから一気に変えた。

60平米位のマンション暮らしですが、ダウンライトが天井に埋め込まれていてその数も多い。レフ球なので熱を持って寿命も短い。

電気代は1000円弱下がった

LED電球一つ1000円弱といっても総額は1.5万くらい。

それでも変えてよかった!他にも節電したので正確ではないが、月々の電気代は1000円弱下がった。

1年と少しで元は取れます。電気の無駄遣いも減って気持ちいい。

白熱灯はすべてLED電球へ

今まで通りの生活で電気代が下がるので無理がありません。

電気がかかる白熱灯は全て変えることに。蛍光灯はそこまで変わらないのでそのまま。

24口金の方が17口金よりも安いのでまずは24口金から。

色味
メーカーによって色味が違う。東芝は白熱灯に近い。パナソニックは明るくて黄色い光。洗面所などではパナソニックの電球は顔が黄色く見える。
色味は東芝がオススメ。

明るさ
ルーメンで表示されているが、ワットと比べると随分明るい
明るさがそれほど必要ない場所は少し落としても気にならない。
リラックスしたい場所では明るすぎにご注意を。

延長ソケット
埋め込み式でレフ球を使っていると通常の電球サイズだと長さが足りなくなる。電球が穴に隠れてしまって暗くなってしまう。

その時は延長ソケット!
これを電球に繋げて使用すると明るさが確保できる。スグレモノ。

今まで通りの生活で電気代が下がる

何より電気代が安いとあまり電気に神経質にならずに済む。

気にせず今まで通りの生活で電気代が下がっていく。必要な明るさを少ない電気で実現できる。

まだ変えてないという方は電球が切れてからではなく一気に変更する事オススメします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする