実家の電気代が月1万下がった!

電気代削減で効果のあったものは実家にも紹介する。
前回のLED電球も電気膝掛けも取り入れた。

それでも、実家の電気代は高い!冬場には月5万にもなる。
何かいい方法はないだろうか?


高齢の両親にややこしいことをいっても無理がある。
細かい削減策は続かないだろう。

いつも通り使っていても削減される方法でないと現実味がない。

その点、LED電球と電気膝掛けはいいのだが、それくらいではなんともならない。


高いのは冬場の夜の電気代

特に高いのは冬場。年をとると体が冷えるのでどうしても暖房費がかかる。
かといって、我慢するのは体にこたえる。

年を取った猫ちゃんもいる。風邪を引いては元も子もない。

電気が特にかかっているのは夜。

昼間は同じ部屋で過ごすが、就寝時はそれぞれの部屋。父と母と猫ちゃんで3部屋べつべつ

夜はそれぞれの時間を過ごしたい。一つ部屋という案ははなから却下。

夜間にトイレに起きるので部屋を暖かくしておきたい。

3部屋にオイルヒーターを使うので電気代が跳ね上がる。
オイルヒーターもエアコン並みに電気代がかかるが乾燥しないので手放せないらしい。

生活を変えずに電気プランを変えよう

無理に暖房器具を変えるのはなかなか受け入れられない。

親としては快適な生活は変えたくない。ごり押しすると上手く行かなくなる。

今の生活のままで電気代を下げるには電気プランの変更しかない。

関西電力のeスマート10。夜間の電気代が安くなるプランに変えた。
ホームページで過去の使用量からピッタリのタイプを提案してくれる。

プラン変更した場合、夜間の使用量が特に多いのでザックリ試算でも年間6万は安くなる。

7ヶ月目で6万削減

今までの生活はままで!これが親には大事。
去年の9月から変更。手続きも簡単。

7ヶ月目にしてすでに6万削減できている。年間では8万くらいの削減額になるのではないか。

両親は節電を意識せず今まで通りの快適な暮らし。

まだまだ削減方法はあるだろうが、まずはギュと無駄を削れた。

面倒くさがらずにもっと早くからやっておくべきでした!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする