うちの家族は温泉好き

うちの家族は温泉好き。年に一回は泊まりで温泉旅行に行きます。
ただお店をやっているとなかなか泊まりは難しいです。

でもスーパー銭湯なら半日で行けます。
15時に出かけて夕食を食べて帰ってきました。いい湯でした〜


高齢の両親は温泉好き

父は家のお風呂に入らずに毎日近くの銭湯に行きます。体の温まり方が全然違うと1日も欠かさず銭湯通いです。

温泉入って美味しい物を食べるのが何よりの娯楽なんです。

本当は温泉に泊まりで行きたいけど、なかなか休めない。
弟の予定もはっきりしないのですぐ行けるスーパー銭湯はよく利用します。
関西は行きやすいスーパー銭湯が多い気がします。

行きやすいので甲子園の近くの鳴尾浜の熊野の郷をよく利用します。
最近のスーパー銭湯ってそんなに違いがないような。何処も大規模で清潔で気持ちがいい。

そんな中、選ぶポイントは近場で空いていて、お湯がいいこと。

連休で混んでいるところが多いのですがここは昨日も空いていました。
ゆっくり手足が伸ばせてせかせかしないことは重要です。
人が多いと入るのに遠慮したり、すぐ上がったり、何しにきたのかわかりません。

お湯の良さが決めて

本当の温泉だとぬくもり方が違います。体の芯からポカポカ。
血のめぐりがよくそれがずーっと続きます。
そしてお肌がスベスベ、ツルツルになってスッキリです。
お風呂の種類とかはそんなに必要ありません。お風呂にテレビも入りません。いいお湯で空いていること。それが大事です。

その後ご飯をお食べて帰ります。
家に着くと19時。ちょうどいい時間。お風呂もご飯も済んでいるので時間はたっぷり。
早く寝るもよし。好きなことに使うもよし。ゆとりが生まれます。

家から少し離れてリラックス

お店をしていると仕事場と家が一緒。
家にいるとどうしてもバタバタしてしまいます。ゆっくりするには家から離れること。
そうしないとなかなか日常から解放されません。
高齢の親にはスーパー銭湯はお手軽な息抜きです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする