本当に小さな暮らしで満足できる?

思いっきり働いてたくさん稼ぐ大きな暮らしにはお金があります。リタイア後の小さな暮らしにはお金はないけど時間がある。

リタイアを希望しても本当にその小さな暮らしで満足できますか。


支出が膨れる大きな暮らし

会社員時代の私はいわゆる働きマン!モーレツに仕事をするタイプでした。

お給料に恵まれていたからお金には無頓着。忙しいから仕事以外に気が回りません。

値段を見ずにお買い物をする。仕事の疲れを取るエステや温泉にお金をつぎ込みます。知らずと生活は膨らんでいきます。

まさに大きく稼いで大きく使う生活。

それでもその時は必要経費だったんだと思います。時間をお金で買っている感覚。そうしないと仕事が回りません。

大きく稼ぐにはどうしても支出が大きくなる。そういう事だと思います。

心にゆとりが生まれる小さな暮らし

リタイアしてからは小さな暮らし。

現役時代のような収入はありません。お金はないけど時間はある。

そうすると今までお金で解決していた問題を自分でどうにかしようと考えます。お金をかけずにやれる方法を探します。

ストレスもなければ無駄な支出も必要なくなり暮らしはすっきり小さくなります。

決して贅沢ではないけれど心にゆとりがある生活です。

お金と時間 どっちを取る?

大きな暮らしと小さな暮らしは全く対照的です。

大きな暮らしにはお金はあるけど時間はない。小さな暮らしはお金はないけど時間はある。

お金と時間はなかな両立しません。どっちを取るかです。

どっちを選ぶかは人それぞれ価値観の違いです。

仕事に夢中だった会社員時代はそれはそれで充実していました。でも今は小さな暮らしが気に入っています。

リタイア生活は意外と地味なもの

お金が少なくても自分の自由になる時間はかけがえのないものです。今は時間が私の中で優先されています。

リタイア生活は思っているより地味なものです。

貯蓄はあってもなかなか手が出せません。入ってくるものがないとどうしてもブレーキがかかります。

悠々自適とか優雅とかいう言葉はあまりあてはまりません。

自由になるお金が少なくて仕事に戻っていく人もいます。

会社から解放されたリタイア生活に憧れて夢も膨らみますが、本当に小さな暮らしで満足できますか?

自由な時間を手に入れるには色々と手放す覚悟も必要です。