私が「女性」を意識するとき

会社で仕事している時は全く感じたことがなかったが、会社の外で感じるちょっとした違和感。

まだまだ女性だと甘く見られるのかな。自分は全くそう思ってないから世の中まだそうなんだって感じる事があります。


男も女もない実力主義の会社

私が働いていた会社は男も女もない実力主義の会社。ずっとその環境に慣れているから仕事上で女性を意識した事がない。

周りも私が女性だからという扱いは一切しない。一人のビジネスマンとして対等な関係。一緒に働く同士です。

周りは男性ばっかり。会議で私一人が女性なんてことは普通のこと。何の違和感もない。

仕事では女性だから一歩下がってなんて考えは全くない。意見を言わないなら会議に参加してる意味はないです。仕事ができるかどうかそれだけです。

女性だと不安?

そういう環境が当たり前だと思ってきたから、外の人の反応に私の方が戸惑う事がある。

中途採用の男性が私の課に配属された時の反応。[えっ女性が上司なんだ。]声にならない声が聞こえます。一瞬戸惑いとちょっと不安顔。

男性上司である事を全く疑っていなかったんでしょう。

そんな反応に私もびっくりする。そんなに驚く事!?

[大丈夫よ、安心して] 口には出さずニッコリ笑顔で握手します。

社内の人事異動ではなんて事ないのに他の会社からきた人は一瞬戸惑いを隠せません。

女性だと軽く見られる?

退職金の相談に銀行へ行ったときもそう。銀行の支店長は私を見てキョトンとした顔を見せます。

うん?この女性が退職金の相談者??

まだ40過ぎでしたから退職するには若すぎる。しかも女性?しばらく微妙な間が開きます。

マンションの購入の時もそうでした。女性一人だとちょっと軽く見られているような。そういう営業マン多かったです。

大きな決断をするとき、女性だと最初軽く見られるような気がします。社内では感じたことがない「女性」扱いを感じます。

女性が出しゃばるもんじゃない

実家でもそう。お店に父を訪ねてくる営業の人達。その会話に自然と参加する私。

結局は保険や投資商品だったり、外壁工事だったりの営業ですから。最初は離れて聞き耳を立てているんですが何だか調子のいい事言い出すと黙っていれなくなります。

スーッと出て行って会話に入っていきます。

表に出て行って誰であっても平気で喋り出す娘に母はいい顔しません。女性がそんなに出しゃばるもんじゃないと言います。

根強い女性への先入観

どうも私が働いていた環境の方が特異なようです。会社の中と世の中のギャップを感じます。

会社の外に出て初めて分かります。世の中古い常識が随分残ってる。

肩ひじ張って張り合うつもりは全くないけど。男性だからとか女性だからとか関係ないのに。

声に出してはいわないけど女性への先入観まだまだ根強いんだと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする