「老後不安おばけ」を退治する!

巷に出没している「老後不安おばけ」

書籍タイトルもテレビ番組でも本当によく目にします。それだけ多くの人の心の中に住み着いてるんでしょう。そういう私も随分悩まされました。

でもおばけって正体がわからないから怖いだけ。実はなんてことなかったってことありますよね!


老後不安に踊らされる

本当にあっちでもこっちでも老後不安とか老後貧乏とか聞こえて来ます。絶対流行語大賞ですよ。タイトルにつけると思わず見てしまいます。

それだけみんなの共通の関心事。ちょっと煽りすぎではないですか。

十分貯蓄があるのにまだ足りないと思っていたり、なんだかわかんないけど不安ばっかり大きくなって。センセーショナルなタイトルに踊らされてるって思ってしまいます。

本当に大変な人と大変がってる人とは別物ですから。

ちゃんと実態を見ずして大変がってる人は怖がる前に老後不安の実態をしっかり掴むべきです。

その不安が狙われる

人の不安につけ込んだ商売も横行しています。

必要でもない民間の医療保険や介護保険を売りつけたり、リスクの高い金融商品を次々と買わされたり、老後不安に上手く乗せられている。

でもそれじゃ不安はなくならないのに。高い保険料払うために無理して働いたりなんだか方向間違ってる。

不安ばっかり大きくなるから何がなんでも今の仕事にしがみつかなきゃ、転職やリタイアなんてもっての他。自分を追い込んでしまいます。

老後不安おばけの正体は?

1度立ち止まってちゃんと実体を掴むべきです。

生活費が減らせない⇒家計中に結構無駄潜んでます。生活力がつけば下げれます。

病気が心配、介護が心配⇒国民健康保険や高額療養費制度があります。

年金も国も頼れない⇒極端な悲観論は行過ぎ。セーフティネット案外しっかりしてます。

貯金しても増えないでしょ⇒イデコもインデックス積立投資もありますよ。

まだまだあるけど、不安をそのまま信じ込まないで自分で正体を暴くべきです。

お金の知識でおばけを退治する

忙しさにかまけて周りに流されていたら老後不安おばけは退治できません。働いてお金を貯めても貯めてもずっとつきまといます。

まずは周りの扇動に乗らずに自分で確かめる事。調べる事。

正体がわからないから怖いんです。おばけと一緒。お金の知識がつけば老後不安は消えていきます。何であんなにモヤモヤと不安がっていたんだろうって。

実態をはっきりつかんだらやるべき事も見えてきます。怪しい不安商売に惑わされません。

お金の知識をつけるのは時間がかかるけど人生変える大きな力になります。

おばけと一生連れ添いますか?  いやいやこの辺でキッチリ退治しときましょ!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする