年間200万生活よりも150万+50万の方をオススメします

退職時の生活費は300万くらいそれから200万へ減らすのはそれほど大変ではない。ただ200万から150万へ減らすのはなかなか大変!

200万生活は一見そんな贅沢をしているとは思えないから。自分では随分引き締めた生活を送っている気がする。

200万のリタイア生活でもいいのですが、それでも150万+50万の生活をおすすめします。

スポンサーリンク



200万で感じる達成感

300万生活では海外旅行に行ったり、ちょっと高級ディナーに出かけたり、値の張る買い物したり、自覚としてそこそこ贅沢している意識がある。

だから、そういうちょっと贅沢かなって思うものを削れば200万生活はそんなに苦労しなくても手に入る。

問題はそれからで200万生活であればもう十分スリム化したし、以前のような贅沢はしてないし、この辺りでいいかなという気持ちにもなる。

私も実際そう思っていた。200万生活でちょっとした達成感を感じます。

150万への道が見えない

確かに200万生活でもリタイア生活できると思うのです。しかも150万生活にするにはまた一山あります。時間もかかります。

200万生活は自分が贅沢している感覚がありません。大きな旅行も贅沢な買い物もしてません。それなのにさらに減らすなんて無理!

家計簿を見ながらそう感じてしまいます。どこを減らせというの?

生活に紛れた小さな出費

200万から150万へスリム化するには細かな削減が必要です。300万から200万にしたような大きな出費の削減ではないからわかりずらいのです。

生活のインフラにもメスを入れます。電気代・ガス代、通信費の削減、保険の見直し。図書費、美容代、洋服代も削減していきます。食費も自炊中心で1.5万に抑えます。

これが積み上がって年間50万の削減ができるのですが、この細かい費用はパッと見わかりずらい。一つ一つは小さくて生活の中に紛れているから見つけずらい。

知識も工夫も必要です。時間もかかるし地道な努力です。

(150万生活内訳:住居費60万、生活費60万、社会保障費他30万)

退職するときにだいたい年間生活費は300万くらいかなと考えていました。 150万生活なんて想像もできません。当時の私が聞いたら...

200万生活より150万+50万生活を!

それでも私は150万生活をオススメしたいです。

200万生活と150万生活は生活の質にそれほど違いがあると思いません。その差額分は生活に小さく紛れ込んでる出費だからです。

使っている意識なくお金が流れて行っている部分です。そぎ落としても今までとさほど変わりない生活が送れます。

生活の基盤が150万でできれば、+50万の余裕が生まれます。同じ年間200万生活でも全く違います。

なんとなく生活に紛れていた50万が自分の好きなことに使える50万に変わるのですから。これは大きいです。

+50万でリタイア生活にゆとりを

急な出費にも対応ができます。私は去年歯の治療費がかさみましたがそれも+50万から出します。でも200万生活であれば+50万は手痛い出費になります。

大きな買い物をするときもそうです。200万生活だから予算を抑えて買うのではなく必要な物は+50万の予算でいいものを手に入れる。

親との旅行も楽しめます。これって贅沢な暮らしじゃないでしょうか。

特別な出費がなければ使わずに取っておけばいいです。生活基盤は150万で。でも+50万がリタイア生活にゆとりを与えてくれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする