ウチの猫がご機嫌ならそれでいい。

うちの実家の猫は18歳で人間でいうと88歳のおばあちゃんです。

去年、慢性腎不全になってしまって今では週一回の病院が欠かせません。毎週父親が車で病院へ連れて行きます。

そういう父も82歳ですから大変です。でもうちの猫が絶対的な信頼を置いているのは父なんです。父のいうことはよくききますから。

ゲージに入れて車に乗せるとニャーとかわいい声を出します。「どこ行くん?」って聞いてるようです。

病院に着くとちょっとふてくされています。他のワンちゃんがワンワン吠えても知らん顔。「何騒いでるん?」というばかりにお澄まし顔です。

なんだ平気なんかなって思っていると診察台に乗ると一転。シャーシャーと全力で威嚇します。先生のことを睨みつけています。

「誰や注射したんわ」と言わんばかりに先生を睨んでいます。看護師さんが抑えていても力いっぱい蹴飛ばします。おばあちゃんとは思えません。

点滴が終わると自分から一目散にゲージに逃げ込みます。「こんなとこ早よ帰ろ」父に向かって訴えています。

慢性腎不全は治らない病気です。少しずつ進行してしまいます。猫にとっては老化現象なんです。高齢の猫は避けて通れません。

それでもそんなこと猫は御構い無しです。いっぱい食べて気持ちよさそうに寝ています。何も変わらずブラシをかけてもらってゴロゴロご機嫌です。

年をとって色々衰えてくるけど毎日楽しく過ごしています。それが大事だよね。

一緒の時間は大切な時間です。快適に過ごせるようにしてあげたいな。貴重な時間をいつも通りご機嫌に過ごせますように。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする