現役時代の「浪費脳」から退職後の「貯蓄脳」へ大転換!

物を買いたい。買って物を手にすることがうれしい。しかも半額とか限定品ならさらに満足。そう感じるのは浪費脳。

一方で、なんにせよお金を使うのが苦痛。自分の手元からお金が出ていくのが嫌。そう感じるのは貯蓄脳。

どちらも脳がうれしいと感じることをしているのですが、行動が全く正反対。そしてお互いが理解しがたい間柄なんです。

現役時代は浪費脳、リタイアしてからは貯蓄脳。脳の構造が大変換です。


現役時代の私は完全な浪費脳

周りの友達もみんな立派な浪費脳の持ち主です。おしゃれ大好きで流行を感知するセンサーが敏感に反応します。

いつも素敵な私を演出するのにおしゃれグッズを探しています。

自分のアンテナにピンと反応するおしゃれグッズを身に着けていると自分の感情が上がります。

周りからそれいいね!どこの?って言われるとさらにテンションアップ。オシャレ仲間に認められて気分がいい。

いつもおしゃれな何かを探しているんです。そしてそれが手に入ると満足。うきうきとうれしくなります。

でもそれも一瞬のこと。また次の何かを探しています。

買わない事がストレス

それが半額バーゲンならさらにアドレナリンが出ます。買わなきゃ損!と脳から指令が出てきます。

どうしようかと迷って一周回って戻って残り1つなんてことになっていたらもう手から離せません。

思いとどまったとしても頭から離れません。紫かピンクかどっちにしようかな湯船につかりながら堂々巡り。

海外旅行の場合は買わなきゃ飛行機に乗ってからでも後悔します。何年たっても買わなかった後悔はなかなか消えません。

浪費脳は手に入れたら満足。買わないことが大きなストレスになります。

大事なのはお金ではなく物。

貯蓄脳はお金を使うのがストレス

一方、貯蓄脳は全く反対。

物に全く執着がありません。大事なのは手元にあるお金。お金が貯まることが快感です。

できることならお金を使いたくない。何にせよお金が自分の手元から出ていくことが苦痛です。

無駄が大嫌い。他人の無頓着なお金の使い方も見ていてイライラしてしまいます。

いつも頭のどこかで金勘定センサーが働いています。

大事なのは物ではなくお金。

お金を賢く使う賢約脳になりたい

私は現役時代の浪費脳からリタイア後は貯蓄脳に大きく振れました。

リーマンショックでお金の大切さを実感しているからもう無駄なお金の使い方ができません。

でもちょっと極端でした。

最近では何がなんでもお金を使いたくないのかというとそうではありません。意味のあるお金の使い方をしたいです。

物を買って喜ぶ浪費脳ではありません。お金を握りしめた貯蓄脳でもなく、賢く使う賢約脳になりたいです。

賢約脳で充実した時間を過ごしたい

1年経ってみると物に囲まれてなんでこんな物買ったんだろう。全然使ってないのにと思うのは浪費脳の仕業

逆にお金は貯まったけどあまり楽しいこともなかったなと感じるなら貯蓄脳が強すぎるのかもしれません。

無駄遣いはしないけど使うときには使う。

時間は有限ですから。

ちょっと高かったけどいい買い物したな。あの旅行は面白かったな。と思える賢いお金の使い方がしたいと思います。

ただいま賢約脳訓練中です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする