90近い猫の生命力あっぱれ!

大阪の実家から猫の具合が悪いと連絡があった。慢性腎不全を抱えているので体調を崩すには珍しいことではない。ただ今回は様子が違う。

朝から昏睡状態で名前を呼んでもわからない。体が硬直して全く動かない。すぐ病院へ連れて行くという。

私はともかく急いで大阪へ向かう。新幹線の中で電話がなった。病院の先生が今日が山場だから連絡する人とには伝えてください。と言われたらしい。

どこかで大丈夫とタカをくくっていたのに、我慢できずに涙が出てきてとまらない。

スポンサーリンク



もうダメかもしれない

もっと近くに住んで入れば2時間半が長すぎる。

実家に到着すると猫は横たわったまま全く動かない。手足が棒のように伸びきって首が反り返っている。目は空いているが焦点があっていない。口は固く閉じられたまま。

一瞬で危ないとわかる状態で、声をあげて大泣きをしてしまった。

名前を呼んでもなんの返事もない。

父も母も目を腫らしている。90歳近くまで生きたんだから仕方ない。寿命なんだ。と自分に言い聞かせる。

家族全員に見守られて

口が開けられないからシリンジでお水を入れてあげる。それでも口は動かず横から漏れてくるだけ。

お水だけはあげて下さいと言われたので2時間おきにお水を口に入れてあげる。

飲み込む力もないんだ。舌も口も固く閉じられていて全く動かない。

弟にも連絡する。仕事が終わったら駆けつけてきた。

家族に見守られながら状況は変わらず。手足は硬直して冷たくなってきている。一生懸命さすってあげる。

後は猫の生命力だけが頼り

今夜は横に一緒に寝る。2時間おきのお水とマッサージを続ける。

目はずっと空いたまま。つむれないんだ。夜中に痙攣が起きた。物凄い勢いで苦しそうにもがいている。声にならない声で苦しんでいる。

バスタオルで包んで撫でてあげるくらいしかできない。大丈夫だから大丈夫だから。

少し落ち着いたらまた水をあげる。飲めているのかどうかわからない。

ここまできたら後は猫の生命力にかけるしかない。神のみぞ知る。

朝に近ずいてきた。数回に一回は飲み込んでくれているように見える。喉がわずかに動いた。

一晩は乗り越えられた。数日は命が持つかもしれない。

口が動いた!

朝になって家族が起きてきた。大丈夫。生きてる。

体のこわばりが取れてきた。棒のように突っ張っていた手足の力が抜けてきた。あったかくなってきた。あー乗り切ったんだ。

お水を飲めるようになった。ゴックン口が動いた!

あのまま息が止まってしまうと思ったのになんと戻ってきた。90近いお婆ちゃんのどこにそんな力があったのか。奇跡としか言いようがない。

午前中には頭をもたげて座ることができるようになった。全く反応のなかった前足が動き出した。触られているのがわかるようだ。

驚異の回復力

病院へ連れて行く。先生が驚いている。もうあかんかなって思っていたのによう頑張ったね。すごい生命力やね!

口が動いたら流動食が食べられるから持ち直す可能性がある。水で薄めた流動食をシリンジであげて下さい。

口元に持って行ってあげると自分で水を飲めるようになった。ご飯も少しあげてみたらペロリと平らげてもっと頂戴とせがんでくる。

信じられません。昨日もうダメだと思っていたのにこの回復力。ただただ感服。

神様ありがとう。三途の川を渡るのをやめて戻ってきたんだね。

オムツが動き回っている

家族全員どっと疲れが出た。泣き疲れたのもあって体力が残っていない。

猫は次の日には歩き出した。まだよたよたしながらではあるが自分で歩こうとする。歩くのは無理かなと思っていたのにまたしても想像を超えて行く。

人間が思うよりも猫の生きる力はたくましいんだね。まだオムツをつけているがシッポを振ってチョコチョコ歩きまわっいる。

まだ一緒に寝ているが暗闇をオムツが動き回っている。

戻ってきてくれてありがとう。もう少し落ち着くまでがんばろね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする