マンションを購入すると暮らしが一変した

私がマンションを購入したのは10年くらい前。もう随分と時間が経ちました。

今振り返ってもマンションを購入してよかったと思います。

10年間の暮らしが豊かだったのもマンションが与えてくれた物だと思います。

本当に生活が一変してしまいました。

スポンサーリンク



賃貸は予算内での妥協の住まい

それまでは賃貸暮らし。30平米くらいで賃料は年間100万越え。都心の便利な立地でしたからそれでも安い方。賃貸に10年くらいは住みました。

もっと賃料を出せば素敵なマンションに住めたのでしょうがやはり賃料が勿体無い。

東京で賃貸で住空間を充実させようとすると賃料が跳ね上がります。

かといって仕事が忙しかったから都心部を離れられない。予算の中での妥協の住まいです。

癒しの空間が欲しい

帰って寝るだけの住まいに徐々に不満が湧いてきます。

狭い玄関、古いお風呂にキッチン、食べるところと寝るところが一緒の部屋。あんなに仕事頑張ってるのになんだか寂しい気分。

ゆったりと疲れを癒してくれる自分だけの空間が欲しい。家はエネルギーチャージする場所だから。

お金も貯まってきたしいっそ購入した方がお得なんじゃないかなーそんな思いもあって遂にマンションを購入します。

マンションを購入すると生活が一変する

そうすると不思議なことに生活が一変しました。

自分好みの家具とインテリアにしてその空間にいるだけでなんとも癒されます。

早く帰宅するようになります。家に帰ってほーとくつろぐのがたまらなくリラックスできるのです。

それまではよく冷蔵庫で野菜がダメになっていました。家に帰って作るより友達と飲みにいく方が多かったからです。

それが遅くまで飲みにいくことがぐっと減って自分で美味しいものを作りながら家で飲む。それが楽しいのです。

仕事でどんなに疲れて帰っても快適な空間でぐっすり眠れば力が湧いてきます。

家での贅沢な時間

ストレス解消のための温泉旅行もお買い物も減っていきました。

外に癒しを求めずとも部屋でゆっくりするだけで充分に癒されます。ゆったりとした音楽をかけて照明を落としてワインでも飲んでいると緊張が解けていきます。

朝起きて窓から風がスーと抜けていくのも気持ちいいです。ソファに体を預けて窓から見える大きな緑と鳥を見ているとまた眠ってしまいそうです。

時々は友達を呼んで料理を振る舞います。家だと酔って眠っても構いません。

カフェでコーヒーを飲むより家で緑を見てゆったりしてる方が贅沢な時間です。

もう外でお金を使ってストレスを解消する必要はありません。

住まいが与えてくれた豊かな時間

マンションは単なるハコでしかないのに。

住まいが与えてくれる癒しのパワーは私の暮らしをすっかり変えてしまいました。

そのくらいの力が住まいにはあります。これは賃貸ではなかなか得られないものです。

購入してからの10年間を豊かな時間に変えてくれました。

家を買うってこれからの時間を大切に過ごす事なんだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Neo より:

    初めまして。私も中古マンションを購入して現在セミリタイアを目指している身のため、いつも興味深く拝見させていただいてます!独身者がリタイアを目指すなら賃貸の方が身軽でいいのかもしれませんが、aoiさんと同じく私もQOLを考えるとマンションを購入して大正解だったと思っています。この先、最終的にはマンションを売却して賃貸に移る計画ですが、自分のマンションが快適すぎてズルズル住んでしまいそうな位快適でちょっと困るぐらいです(苦笑)

    • aoi より:

      Neoさん
      コメント有難うございます!
      不思議ですよね。住まいが与えてくれるパワーは侮れません。
      確かに賃貸の方が合理的なんですが。
      リタイアすると家での時間も増えますし住まい空間は大事ですね。