10年間の自由時間の終わり!?

今実家でお店を手伝っています。家事とお店の手伝いでてんてこ舞いです。

10年間呑気なリタイア生活ですから頭は使っても体はあまり使ってません。逆に実家では頭はあまり使いませんが体力が必要です。

東京に戻るのは盆明けになりそうです。


実家の手伝いには体力が必要

家族と一緒だと生活のペースを揃えなくてはなりません。

朝7時に起きて掃除、朝食、店の準備、買い物、昼食の準備などバタバタして一息つけるのはいつも昼食が済んでから。2時か3時。

10年間自分のペースで生活していたので時にはゆっくり寝坊したいとか新聞をじっくり読みたいとか思ってしまいます。自由時間が欲しくなります。

お店をしているとそんな時間はありません。いろんな人の出入りがありますから家といっても職場のようなもの。

いつも気を張っています。

76と82で現役って

日曜日だけがお休みなので自営業は忙しいです。お店を50年近く守ってきた両親は本当働き者です。

私も会社員時代は休みもなく働いたけどそれも20年だけ。

やっぱり親には敵わないなー2人とも根っからの働き者。じっとしてられない。お店が暇なら暇で何か仕事を見つけて動き回っています。

76と82歳で現役なんですから大したものです。こんなに働いている高齢者も珍しいのではないかな。

リタイア後の10年なんてあっという間

親がこんなに働き者なのに私は全くのマイペース。40そこそこでリタイアして10年も呑気に過ごしてました。まだまだ親も元気だったから。

自分の好きなことをして過ごしているとあっという間です。10年なんて。

会社勤めに戻りたいとは一度も思いませんでした。というか会社に勤めるならそもそもやめてないでしょうね。

そんな自由人の私も頑張る両親を見ていると働かないわけにはいきません。

少しは人のために働きなさい

実家の店の手伝いは仕事なのかな?お給料もらってるわけではないから家事手伝いか?

それでも自分のためではなく誰かのために働いているのは事実。

10年間の自由時間が終わって私も人のために少しは働きなさいということでしょうか。

今までのように好き勝手はできないけれど、歳をとった親との時間も悪くないもんです。

やっぱり私がいた方が全然楽だろうし役に立っているんじゃないかと思います。

自分たちで立ち上げたお店だから動けるうちは続けたいというのが親の本音。

私がいればもう少しは頑張れるんじゃないかな。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする