やっぱり君はいないんだ

うちの猫が亡くなってもうすぐ1カ月が経ちます。

毎日忙しくしているからバタバタしている時には忘れているんですが、ふと一服するとあーいないんだと実感します。

いつも疲れた時は遊んでくれたのに今はいないんだね。

仏壇に骨壷と写真を置いてあります。

毎朝お花の水を変えて線香をあげてお参りします。呼びかけると返事をしてくれるようです。

お参りをしていると最後の1カ月を思い出して動けなくなります。

発作が起きて苦しそうに耐えてた姿が思い出されます。相当辛かったのにじっと耐えてた。全く泣きもせずじっと。賢い子でした。

なかなか眠れなかったけど抱っこしてあげると気持ちようさそうにスヤスヤ眠ってた。

体重が半分になって痩せてしまったけど最後まで毛並みはツヤツヤでした。最後までとてもべっぴんさんでした。

シリンジから一生懸命に流動食を食べてたね。あまりにシリンジにかぶりつくもんだから歯が折れないか心配したよ。

動物病院では周りの人たちが可愛がってくれた。頑張りやーって色んな人に撫でてもらったね。君はキョトンとしてたけど。

今でも名前を呼ぶとひょっこり出てきそうです。

朝起きると何より君のお世話が第一優先だったから今では朝の時間を持て余しています。

爪でガリガリ引っ掻いた跡はちゃんと残ってます。今では爪痕も大事な思い出です。

もうすぐ49日です。そしたらこの家からいなくなっちゃうんだね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする