弟が持って帰った一枚の写真

もうお盆も終わりです。あっという間でした。

弟も帰ってきてゆっくり温泉に入りに行ったりご飯を食べに行ったり。

少し前まではみんなで2泊3日で旅行に出かけていましたが親が高齢になってからは遠出するのは億劫になってきました。

近場でゆっくりしますがやっぱり店から離れると気分が変わっていいもんです。

スポンサーリンク



弟は特別扱い

弟は会社員だからたまにしか帰ってこれません。それでもお盆とお正月には必ず帰ってくるからいい方でしょうか。

たまに帰ってくる弟への対応は私とは違います。お客さんのように大切に扱われます。食事も豪華になります。

同じ兄弟なのに何だか対応が違ってちょっと損した気分。私もお客様対応がいいなー。

まあ会社勤でお疲れさんですからゆっくりしていけばいいと思います。

お父さんもお母さんも嬉しそうですから。

弟は知らない人

猫がいた時は猫に会うのも帰省の目的だったんでしょう。もともと弟が飼っていた猫ですから。

でも大阪の実家に来てもう9年くらい経っていたから弟の事を覚えてない様です。

私はよく実家に帰るので猫も何となく認識していて、クンクン匂い嗅いでまた来たん?って感じです。

でも弟には見るなりシャーと威嚇します。近ずくな!と言わんばかりに怒ります。

9年も一緒に暮らしていたのに知らない人なんでしょう。一緒に寝ていたのに。

でも諦めません

背も高いから怖いのかもしれません。

しゃがんで近づいても同じ事です。ある一定の距離以上は近づけません。

もう忘れてしまったんかーっと悲しそうです。でも諦めません。少しずつ距離を詰めていきます。

少し離れたところから猫と同じ様に横になって優しい目でずっと見つめています。猫は知らん顔です。

眠っているから大丈夫かなと撫でようと手を伸ばすと何触ってんねん!っと睨みつけられます。元飼い主にひどい仕打ちです。

じゃ一緒に行こか

今はもう猫もいなくなってしまったけど猫の思い出は沢山残っています。

弟にとっては転勤の度に猫と一緒に引越しを繰り返して来た相棒です。車にも船にも乗って連れて行ってました。

弟にとって大変な時期を一緒に過ごしてくれたので思い出すことも沢山あるんだろうな。

弟が沢山の中から一枚えらんだ写真は美人に撮れてる写真じゃなくてちょっかいを出されてちょっと困った顔の写真です。

一番うちの猫らしい写真です。

じゃ一緒に行こか。

弟は写真一枚持って帰って行きました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする