タワマンより低層マンションが好き

マンションを購入してもう10年以上すぎました。

10年くらい前はちょうど品川の湾岸エリアにタワマンがにニョキニョキと建ちだした頃。

今ではあまり珍しくありませんがその頃は随分と話題になったものです。


タワマンは確かに凄い

確かにタワマンは圧倒的な存在感です。

そびえ立つような豪華な外観。街のシンボルにもなります。優越感も味わえます。

こんなでっかいマンションに住んでるなんてリッチでいいなぁ。

外観を見ると圧倒的な存在感にふらふらとやられてしまいます。マンションというよりもビルディングです。

資産価値も高く転売もしやすそうです。

それでも私は低層マンションが好きです。

自分が住むなら50戸ぐらいのこじんまりしたマンションを選びます。

ホテル住まいのよう

タワマンが建つところは商業地区か工場跡地か埋立地。閑静な住宅街にはタワマンはちょっと縁遠いです。

ニョキニョキと立ち上がり街の景観が一変します。なんとも見上げるのに首が痛くなります。

暮らす場所というよりもホテル住まいをしているようで落ち着きません。

自分が暮らすなら静かな環境で大きな建物もなく空が大きく広がってる環境がいいです。

身動きが取れない

窓から緑が見えて小鳥が飛んでくるくらいが気が休まります。

窓を開けて風が感じられるそんな暮らしがしたいです。地面を感じられる高さくらいが安心です。

タワマンは自分の手に負えない高さを感じてしまいます。

地震の時の大きな揺れもエレベーターでしか動けないのも身動きが取れない手に負え無さ感につながっています。

管理運営が大変そう

低層と高層階で価格に大きな幅があり住んでる人の暮らしが違ってきます。

大人数なだけでなく生活レベルが違ってくると何かと話がまとまりません。

マンションの一番の特徴は共同住宅であるという事。住民の総意でいろんな事を決めていかなければいけません。

それが住民の生活レベルが違ってくると考え方も違ってきて管理もゆくゆくは修繕も難航しがちです。

長期で考えるとマンションの資産価値は管理ですから何かと不安になります。

そんなこんなを考えていると

私には低層のこじんまりしたマンションが気楽に思えてしまうのです。

ただ、資産価値を考えて早めに転売をするならタワマンはいいでしょうね。当初は資産価値も落ちにくいですから。

そういう考えで購入する人も多いです。購入しても住んでない住戸は結構多いらしいです。

夜になっても電気のつかない部屋多いよってタクシーの運転手が教えてくれました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする