修繕積立金が安いマンションは後々大変!

マンションの維持費として毎月管理費と修繕積立金がかかります。

新築売り出し時に修繕積立金が安く抑えられている物件よく見かけますが、それって今はいいけど後々大変になってきます。

購入時は全く気にしなかったんだけどこれが意外と大きな問題なんです。


5000円が20000円に

管理費はずっとそれほど変動しませんが、修繕積立金はどんどん引き上げられます。

売り出し当初はできるだけ安く設定して負担を少なく見せる物件が多いんです。

私のマンションも売り出し時は5000円/月だったのが10年目で1万円、20年目で2万円と2倍2倍と引き上げられました。

購入時はあまり気にならなかった修繕積立金がいつの間には管理費よりも高くなっています。

銀行からの借金

20年までには最初の大規模修繕がやってきます。

その時になって修繕積立金が足りないって事がよく起こります。

新築当初の低い設定のしわ寄せが大規模修繕で明らかになります。

修繕費が足りないとなると一時金を各住戸で出し合うか、もしくは銀行から借りるか。

これも住民の話し合いですが、一時金はやはり抵抗が強くて賛同が得られません。

銀行から借りて一方で修繕積立金を値上げして返却していく、多くの場合こちらの選択になります。

借金も値上げもやむなし

大規模修繕をしないとマンション自体の資産価値が落ちてしまうのでこれはやらざるを得ない。

とすると銀行からの借金も修繕積立金の値上げもやむなしとなります。

ここまでの合意も結構難航します。

大規模修繕をあと送りにしようという意見や修繕箇所を削ろうなどいろんな意見が出ます。

やっとのことで、お金を出しても修繕すべきとの総意が整います。

この辺りが共同住宅の大変さです。

中古マンションのネック

総意は形成できても負担にはどうしても不公平感が残ってしまいます。

本来は最初から1万円くらいの修繕積立金を徴収すべきだったんです。それが新築時妙に低く設定されているので中古購入者に重くのしかかります。

5000円が20000円ですから4倍!あとになって足りない分をかき集めているかのようです。

中古マンションのネックはここですね。

物件価格は安いのですが維持費が高い。

20年越えてくるとどうしても修繕積立金が高くなってきます。建物が古くなってくるので仕方がないことではありますが。

安く設定されている中古マンションは要注意!

ただし逆に安く設定されているともっと不安になります。

次の大規模修繕の費用がまた足りないということになりかねません。

またしても一騒動です。住民間での総意形成に一悶着あります。

そう考えると多少高くてもちゃんと積み立てていくと決められているマンションの方が安心ですね。

中古マンションを購入するならそれなりの修繕積立金は必要な物です。

あまりに安い場合は大規模修繕計画はきっちり見せてもらいましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする