同居か近居か それが問題だ。

今年の夏は結局2カ月ほど実家で過ごした。

猫の看病もあり早く帰省したのだが夏を越せなかった。夏はお店が忙しくなることもあり49日までは実家にいることにした。

今年の大阪の夏は暑かったので助っ人の私がいて両親も体が楽だったようだ。


そろそろ親元へ

父親は82歳ですからもう大阪に帰ってきた方が良さそうです。

元気だと言っても年々体も動かなくなってきます。色んな事務処理もあります。自分たちだけでできないことも増えてきます。

近くに娘がいると何かと安心するようです。

大阪に帰るとなると東京のマンションを売らなければならないし、すぐというわけにはいきません。

準備から少なくても1年くらいはかかってしまいます。

査定から仲介会社を決めて簡単なリフォームして売り出し。住んだまま売り出すのか引っ越ししてしまうのか、決めなきゃいけないことがいっぱいです。

一方で新居はどうするか

親と同居するのかそれとも近居か。これ結構悩みます。

お店をしていなければ近居でいいと思うんですが、お店の手伝いをする事を考えるといっそ同居した方が楽な気がします。

1階がお店、2階が父母の部屋、3階が全く空いています。

家具を持ち込んでも十分な広さもあるし3階を全部使えたら独立性も保てます。

同居できるのか?

それでも今までのようにはいきません。

自分のペースで生活するのは無理になります。気ままに出かける事も難しくなります。

お店が1階ですから私だけ別行動というわけにもいかず生活を合わせなくてはなりません。

階が違っても同じ屋根の下ですから、全く気にしないというのは無理です。

それで自分が耐えられるか。この2カ月は何とかなりましたが本当は近居が気が楽ですね

近くに小さなマンションを購入してもいいのですが、結局実家に入り浸ってしまう気もしますからやはり現実的なのは同居でしょうか。

3階が空いているのに他に住むのももったいないと思ってしまいます。

親の年齢とお店と実家の空きと考え合わせると同居という答えが出てくるようです。

自分の時間は確保したい

同居だとしたらどうやって自分の時間を確保するか。

干渉しすぎないとか自由時間とか暮らしのルール作りが必要です。家族それぞれの役割分担と各自の自由裁量を考えないといけません。

もう親元を離れて30年も好き勝手に暮らしてきていますから時間もかかります。

読書の時間も一人でぼーとする時間も大切な時間です。出かける時間も取りたいです。

同居するにしてもそういう時間をちゃんと確保したいものです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 個人の体験から話させていただくと、ご両親が共に健在であれば同居じゃなくても大丈夫だと思います。
    どちらかが体調を悪くされた場合は同居して支えてあげないと一気に老け込んでしまいます。
    私の親の場合は同居していても実感するくらいに老け込んでいくのを防げなかったので説得力がありませんが。

    • aoi より:

      アドバイス有難うございます!
      私もできれば別居希望なんですがお店の事を考えると迷ってしまいます。
      日常生活は問題ないけど高齢でお店をやっていくのが大変そうです。
      しかも結構体力勝負なんです。
      時間があるからもう少し考えてみます。 aoi