40代で早期退職って損!?

早期退職早まるな!って記事時々見かけます。

40代で早期退職したらその後のお給料を棒にふるわけでそれはもったいない!というもの。

正直、私が早期退職した時は全く考えませんでした。そんなこと。


一人なら何とでもなる

貯蓄がたまってきたから早期退職しても一人なら何とでもやっていける。

お金の知識なしでの早期退職でしたからだいたいがいい加減なもの。

根底にあったのは家さえあれば一人の暮らしぐらいはどうとでもなるという大雑把な覚悟。

やめるときは周りが言うほどの不安感じてませんでした。

まあ定期収入がなくなる事をちゃんと実感できてなかったんですけど。

定期収入がある方が貯蓄を取り崩すよりよっぽど気が楽な事は後で気づきました。

棒に振ろうとしている賃金

それでも注目していたのはこれまで積み上げてきた貯蓄額。

ある程度たまったから当分は何とかやってける。

焦点は今までに積み上げた貯蓄額であってこれから棒に振ろうとしている賃金ではない。

そんな発想全くありませんでした。

40代そこそこで退職しているので冷静に考えれば1億以上を捨てたわけです。

そうやって言われるとちょっとギョッとします。

1億を捨てられる?

周りの人はそういう事を分かっていたんでしょうか。

もったいないっていうのはそういう意味だったんでしょうか。

1億って数字で言われると腰が引けてしまいます。ちょっと戸惑います。

単純な事でちょっと計算すればわかる事だけど早期退職するという事は将来にわたって手に入るはずだったお給料を手放す事でもあるんですね。

能天気な私には全くなかった発想です。

まだ1億必要?

ちょっと視点を変えてみるとまだ1億必要?って事でもあります。

「1億捨てる」となるとそんなもったいない事できないってなりますけど、「まだ1億必要?」って置き換えてみるとそうでもない。

お金はあった方がいいに違いないけどでも1億円契約を会社と結んで働きなさいっていうのはそんなに魅力的には映らない。

お金はそこそこあればそれで十分かな。

1億って金額に一瞬動揺してしまうけどずっと会社に拘束されるのは嫌ですね。やっぱり。

どっちが得かはあまり関係ない

早期退職するときに損得って観点あまりピンときません。

損か得かで早期退職決めるわけではないですから。

私の場合は今までと違う時間を過ごしたい。そういう思いがどんどん強くなっていっての早期退職です。

どっちが得かって観点じゃないですね。

もちろん早期退職にはお金が必要です。でもある程度たまったら次に欲しいのはもっとたくさんのお金じゃなくて自分の自由な時間。

もし1億円に心揺さぶられたらまだ早期退職しない方がいいのかもしれません。

心の何処かに迷いが隠れています。後々早期退職に後悔が残ってしまいます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする