マンションを売りに出す前に少しずつ準備を

実家に帰ることが多くなって東京のマンションを売却しようと考えています。

売るか貸すかでいうと7:3くらいかな。今は売るつもり。

売却の本を色々読んでいるので知識をつけなくてはいけません。意外に情報少ないな。

不動産は買うより売るほうが難しいです。


大物を少しずつ処分

売却の知識をつけながら片付けをしています。

判断軸は大阪に持って帰るかどうか、持っていかないものは処分していきます。

持ち物は随分前から整理してきていたからスリムになってますが、大物が残っています。

アジアぽいイス 、ミシン、バルコニーのイス、コンポなど粗大ゴミに出しました。

10年くらい使っていると何かとガタがきています。ちょうどいいタイミングです。

できるだけ持ち物は減らしたな。

少しずつ大物が減ってくるとスッキリして気持ちいい。物がないと部屋は広くみえますね。

朝1時間の掃除

毎日それなりに綺麗にしてるつもりですが、それでも目が慣れてしまっているんだと思います。毎日見ているとそれが普通になっていって自分では気づかなくなる。

10年間のベールがかかってしまっています。

いつもの掃除に加えて朝1時間の掃除をやって10年間の汚れを落としていきます。

レンジフードの横の使った事ない戸棚、物を全部出してキッチンの収納を掃除したり、やり出すとこんな所が汚れてるんだと夢中になってしまいます。

いやー綺麗なつもりでも汚れている。目にベールがかかって見えなくなっていたようです。

1時間掃除すると朝から汗だくになります。いい運動になります。

時間を決めないときりがないので毎日少しずつと決めています。少しずつモヤが晴れてきてワントーン明るさが増します。

リフォームはしないけど修理は必要

築20年ですから色々古くなってきています。

リフォームは購入者の嗜好もあるからするつもりはないですが修理はしておきたいです。

ウオシュレット、窓枠、網戸、カーテンレールなど直しておきたい部分があります。

全部工務店に任せると早いですが個別にお願いしてもいいかな。

細かい部分だけど賃貸にするにしても修理しとかなくてはいけないですからー

大体10年間で修理する所が色々出てくるものです。

マンションを購入する時にお世話になった地元の不動産会社に一度話を聞きに行ってみよう。

売却の場合、どこに頼むかが一番大事。もっというと営業マン次第ですから。

ちゃんと営業活動してくれる人に頼みたいですね!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする