退職金の一括投資はやめた方がいい

退職したての10年前をつらつらと振り返ってみた。

退職金投資をした後にリーマンショックにあって辛い時間を過ごしていたのも遠い昔。

でもなんだかリーマンショック前も適温マーケットだったんですよね。


ETFを一括で買いましょう

2007年頃、退職金の投資の仕方ってあんまり情報がなかった。

お給料で投資するならインデックスで積み上げましょう。

まとまった資金が手元にあるならETFを一括で買いましょう。って大体書いてある。

「全世界に分散しましょう」とは書いてあっても「時間分散して少しずつ買いましょう」とは書いてない。

全世界に分散しておけば、マーケットは上下しながらもいずれ成長していくから一括投資が効率的という意見が主流。

元本✖︎時間✖︎金利の要素からしても一括投資が合理的。

確かにその通りです。

その時は納得して確かに一括投資の方が合理的と信じて大金を投資したんです。

でも一括投資をしてその数ヶ月後に金融危機にあった私からするともう2度と怖くてできません。

計算上はその通りです。

10年経った今振り返ってもずっと持って入ればよかったんです。簡単なことに思えます。

TOPIX連動で1200で購入してたんですから今1700でしょ。4割ほど利益が出ています。何もしなくてもじっと持っているだけでよかったんです。

5年間のマイナスの日々

1700の今からすれば1200で購入してるんだから何も問題ないって思うかもしれません。

1200が随分低いように思えます。

でも1200以下の時間5年あったわけです。ずっとマイナス。一括投資しているから何もできずにぼーと見ているだけ。

外国株ETFも円高で同じくマイナス。リタイアしているから積み上げるお給料もありません。

これって結構つらいものがあります。いずれプラスになるんだから気にするなって言われてもやっぱり無理です。

積立投資の方が気が楽

積立投資をしていればもっと早く救われます。少しずつ底値を買えるので損益も改善していきます。

自分が前進している実感が持てます。一括投資の無力感を感じなくて済みます。

じゃ底値で一括投資すればいいんじゃない?って

でも底値なんて誰にもわかりません。

理論より感情の問題

そうはいっても手元にまとまったお金があるのに遊ばしておくなんてもったいない。時間の無駄。って思うかもしれません。

一括投資の方が合理的なのは確かなんですが大きなストレスがかかります。

株価が気になって仕方ありません。気にしたところで一括投資してしまっているので何もできないのですが。

そこそこ増えればいいのであれば積立投資。

マーケットに揺さぶられずに平静な心でいられます。

単なる気休めといわれても心の平穏は大事。投資に心奪われずに自分の時間が過ごせます。

お気楽に投資と付き合っていくには非効率でも積立投資をオススメします。

理論より感情の問題です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする