投資用マンションの大波がやってきた

ニュースでは投資マンションが増えていると流れていた。実家に帰ってきてそのニュースを実感する。

最近は賃貸マンションも立派で新しいマンションが建っても外観からはそれが分譲か賃貸か判別がつきにくい。

新しいマンションが増えたなって思ってはいたけど。投資用マンションだったんだ。


駅前にニョキニョキ賃貸マンションが

実家が持ってる賃貸マンションに空室が3つ出た。

お店からの収入はあるものの賃料収入も一部は生活費に充てているので賃料減は痛い。

実家は大阪へすぐの中心部ですが普通しか止まらないからなんとなくのんびりした街。大きな駅前開発があるでもなく大阪に近いのに穴場。

便利な街ではあるので駅前には名の知れた不動産会社が5社ほど店舗を構えている。

大家さん始めてもうすぐ20年になりますがなんとかやってこれました。

ずらっと出てくる新築物件

空室が出たので久しぶりにネットで賃貸物件の検索をしてみると

ずらっと出てくる新築物件。10階建くらいの新築物件がいくつも。築浅の2〜3年のものも結構ある。

ほとんどが20平米くらいのワンルームマンション。おそらくなかなか決まらずに値段競争になっているのだろう。

新築なのに敷金礼金なしで家賃も安い。値崩れをおこしてるんではないか。

投資用マンションの大波

不動産会社に色々聞いてみると、マンションを1住戸ずつお医者さんなどの収入の多い人に売ってそれを賃貸に出している。購入者は全国から。

まさしく投資用マンション!節税対策や相続対策で賃貸マンションが軒並み増えてるってニュースでは聞いていたけどまさしくそれですよ。

こんなのんびりした街にも押し寄せてきました。

新築の綺麗なマンションが安く借りられるとなれば引越しも増えてきます。

地元の大家さんは大打撃です。引っ張られて家賃も下げざるを得ません。

明らかに供給過多

マンションばっかり増えても人はいない。

しかもあまり変わり映えのしない20平米のワンルームマンション。それでは値段競争になるのも仕方ありません。

ローンで投資用マンションを購入したお金持ちも借り手がつかないのでは困ってしまいます。

賃料は入らないのにローンだけは毎月出て行ってしまいます。

どうするんでしょうか。賃貸人がつかない赤字物件はやはり売るしかない。でもワンルームは中古になると値段の落ち方が大きい。大きな損を抱えてしまいます。

それでも売るしかないでしょう。

またはリスク分散しましょって別物件の購入を勧められるかもしれません。恐ろしい。

マンションの販売会社は売ってしまえば関係ない。でも供給過多では地元もマンションの投資家も大損害です。

同じことの繰り返し

やっと投資用マンションの建築ラッシュのピークは過ぎたとニュースにありました。

それでも建ち上がったマンションは存在しローンを抱えた投資家も困っています。売るといっても20平米ではなかなか買い手は見つからないでしょう。

新築時はいいけど投資用で人が入らないマンションは荒れていきます。

なんだかバブル期のマンション投資話を思い出してしまいます。

先日友人とランチをしていてバブル期の不動産投資の話になりました。 当時私はまだ入社したてで投資するお金もなかったのですが、先輩...

やはり同じことを繰り返すんですね。何とも困ったもんです。

幸いローンは抱えていないので気長に様子を見ていこうと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする