家のちょっとした修理ができると最高気持ちいいー

家の修理といえば男性の仕事。

何か壊れたら旦那さんにいえばなんとか修理してくれるってのが一般家庭の通例。

でも独身女子はそうはいかない。

うわぁ壊れちゃった!なんとかしてーと言っても誰も頼る事できません。

どこかに頼めばいいのだろうけどいちいちお金がかかります。

多少の家の修理は自分でできるようになりたいものです。

私でもできたときはとてもいい気分になります。また一つできることが増えた!とほくそ笑んでいます。

実家の賃貸の掃除をしていると色々と勉強になります。

お湯の出が悪い場合はどうすればいいか。給湯器の変更は何を基準に選べばいいか。

どこに頼めば安く済むか。毎回毎回知恵がついていきます。

大工さんに頼むときは興味津津です。

ずっとジーと見ています。新入りの助手よりもきっと役に立つと思います!?

道具も手順も、こんな構造になっているのか。これなら私にもできるかも。

興味は尽きません。1週間でも弟子入りしたい気分です。

ホームセンターも強い味方です。

というかなくては困ります。こんな部品売ってるのかな?って思うものが大体手に入ります。

必ず写真を撮ってできればその実物を持っていきます。その方が話が早い。

広すぎて自分では部品を見つけられません。

店員さんを見つけて実物を見せて探してもらいます。ホームセンターの店員さんはこんなに部品があるのにすぐに見つけてくれます。

全部把握しているのはものすごい知識です。いつもすごいなーと感謝です。

プロの方が部品を購入に来ていたりほとんど男性です。女性はまだまだ少数派。私も家の知識を身につけてチャチャと修理ができるカッコいい女子になりたいです。

私にとってホームセンターはワクワクする場所です。

ただ今修行中。

今日もペンキ塗りで手はペンキだらけ。でも楽しいですねー自分でできると最高気持ちいい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. macun より:

    aoiさんのブログを参考させて頂き、何か自分で出来ることを増やしていこうと思う今日この頃です。
    まだ、退職(予定)まで数ヶ月ありますが、ハローワークに登録して来ました。
    職業訓練中は雇用保険が適応されるとのことでありがたいですね。
    授業科目に住宅リフォーム技術科なる興味深いコースがあり、無職者は無料で学べるようです。
    何だかだんだんワクワクして来ました。

    • aoi より:

      住宅リフォーム技術科なんてあるんですか。
      知りませんでした。面白そう!

      そういえばハローワークに失業保険の申請に行って
      「当分働く気は無いです」などと素っ頓狂な態度でヒンシュクをかっていました。
      本当に何にも考えていなかったんです。
      あの頃から浮世離れしてました。今では少しは賢くなったかな。
      aoi