初めて救急車を呼んだ。

日曜日の事。

いつも通りに夕食を食べて西郷どんをみていたとき、事務仕事をしていた父がめまいがするようで具合が悪そう。

血圧は180くらいでかなり高い。薬を飲んでソファで2時間くらい横になっていたがそれでも治らない。今度は吐き気もしてきた。

血圧を測ると200を超えてきた。


血圧200超え、症状が悪化してきた

時々血圧が高くなってめまいがする事はあるが薬を飲むと大体は収まっていた。

薬を飲むのが嫌いで具合の悪い時だけ飲んでいた。

最初は薬を飲めば大丈夫だろうと思っていたのですがそれが今回は血圧が下がらず、上がってくる。

吐き気も強くなっているようだ。

いつもとちょっと様子が違う。一時的なものなら安静にしておけば大丈夫なはずだけど…もう2時間も経ってるし薬もいつもの倍飲んでるのに症状が悪化している。

救急車を呼ぶべきか

だんだんと心配になってきた。

もし脳梗塞なら大変だし、救急車呼んだ方がいいのか!?

これくらいだと大げさなんだろうか。悩むけどもしもが恐い。

ともかく救急相談に電話してみよう!

看護師の人に状況を話すと、血圧200超えで2時間経って吐き気もあるなら救急車呼んでください。

10分ほどでやってきた

呼んでいいんだ。119へ電話。10分くらいで到着。

救急隊の人に状況を話す。飲んだ薬、時間、量。持病の話も。健康保険証、診察カード、飲んでる薬を持っていく。

家の前には近所の人が心配そうに集まっている。お店をしてるから皆さん顔見知りです。

父はストレッチャーに寝かされている。

大丈夫です。念のためですから。すいません。と挨拶しながら私も救急車に乗り込んだ。

救急車の中で血圧や心電図などデーターをとってかかりつけの総合病院へ連絡してくれている。その間10分ほど救急車の中で待機。

受け入れの連絡がとれて病院へと向かう。父の状況は変わらず。

大丈夫そう。血圧が下がってきた。

父は救急手当の部屋へ運ばれて、私は待合室に通された。

そこには同じように救急で運ばれた家族が2組いた。

看護師さんとの会話を聞いていると一人はこのまま入院してもらいます。もう一人はガンで療養中で具合が悪くなったよう。2組とも大変そうだ。

1時間くらいすると若い先生がやってきた。

だいぶ落ち着いてきました。血圧も170くらいに下がってきています。一応脳梗塞の検査をしますので後1時間くらいかかります。

安心すると眠気が襲ってきた

心の中でホッとため息をつく。

大きな脳梗塞ではなさそうです。夜の12時過ぎ、お風呂上がりで慌てて出てきたからスッピンで髪もハネハネですけど。

だんだんと眠気が襲ってくる。

しばらくすると父が救急室から看護師さんに連れられて出てきた。

自分で歩いている。自分で歩けるっておしゃってーパジャマ姿で出てきた。足取りもしっかりしている。ひとまず安心。

持ってきていた靴下と履物、上着を上から羽織って、ズボンもパジャマの上から履きました。

急な事だったけど持って行って良かったです。夜は随分と冷えます。

お会計を済ませてタクシーを呼んで家に向かいます。

日曜日はタクシーが休んでいて少ないらしいです。飲み屋も会社も休みですから。

父も安心したのかあくびが止まりません。

塩分の取りすぎでは?

検査の結果脳梗塞の疑いはなかったけどでも200の高血圧の原因がよくわからない。

改めて心臓や動脈硬化の検査が必要です。(後日検査結果は年相応で大きな問題はなし)

とすると、やっぱり塩分の取りすぎでは。

腎臓も悪いから、塩分を取りすぎると血管がパンパンに膨らんで血圧が上がる。

日曜のお昼にカップ麺を食べて、夕食にお醤油をヒタヒタとつけて刺身をたくさん食べてました。お醤油が大好き、塩味が強すぎるんです。

いくら私が言っても、長年覚えた味覚はなかなか治りません。

今回のことで少しは自覚してくれるといいのですが。どうしたら塩分を抑えた食事に慣れてもらえるか。まだまだ時間がかかりそうです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする