日本中どこで地震が起こってもおかしくないなら一緒がいい。

大阪北部地震で大きな揺れを感じました。私の家は大阪北の中心地エリア。

東京で東日本大震災を体験してますがそれより大きな揺れでした。

当初、まさしく北が震源地だとおもっていましたが実際は茨木、高槻エリア。もう少し山側だったんですね。

お店の商品は床に飛び散ってビンは割れて床は水浸し。食器棚の中ではグラスや皿が割れています。仏様も倒れていて神棚も榊も倒れています。

それでも家具など大きなものは倒れていません。

震源地エリアでは本棚が倒れて怪我をされた方も多くやはり北は揺れは少しは弱かったのかもしれません。

スポンサーリンク



一瞬のことで身動きが取れません

朝の8時ごろ、朝食の用意をしていた時。

突き上げるような揺れでした。両親もリビングにいました。テーブルの下に隠れろって言われますがとっさのことに自分の身を支えることが精一杯。

ビンが割れる音がしてこれは大きいなと瞬時にわかります。揺れが収まるのを待つしかありません。

すぐにテレビをつけます。ラジオも。アナウンサーが同じ情報を繰り返しています。

どのくらいの被害が出てるのかはわかりません。ただ普通じゃないということだけ。

それでも大きな揺れは一度だけだったのですぐ片付けを始めました。

散乱した商品、割れたガラスの回収、食器棚。各自がそれぞれの分担で片付けを進めました。

賃貸の人も無事

父はすぐ賃貸に向かいました。

賃貸の部屋を一つずつ回って大丈夫ですか?と声をかけていきます。

皆さん大きな問題はなく無事のようです。

一人で暮らしている人にとって声かけは心強いものです。こういう行動がすぐ出来る父親はすごいなぁと感心します。母に言わせるとお節介焼きだそうですが。

親戚からの安否確認

シャッターを開けて片付けをしているとご近所さんが声をかけてきます。

ひどい揺れでしたね。大丈夫ですか?随分割れましたね。

余震が来るかもしれないから気をつけましょうね。

お互いの安否確認です。いざという時頼りになるのは顔見知りのご近所さんです。

電話もなります。父と母の親戚から次々と電話が入ってきます。

大阪の親戚は片づけ手伝いに行こうかと声をかけてくれます。

長電話はできませんが、それでも無事を確認しあってほっと胸をなでおろします。

心配してくれていると心強いものです。

気遣ってくれる友人

私は東京から引っ越してきたところですが、東京の友人からlineがいくつも入りました。

気にかけてもらっているとはホントありがたいことです。

みんな遠慮がちにメールしてきます。大変な時にーー怪我ないといいんだけどーー

おそるおそる、怪我ないよね。大丈夫だよね。という感じで。

大丈夫!って返すとほっとしてるのが伝わってきます。

私はあまり人付き合いがいい方ではありませんがそれでも気遣ってくれる友人は大切な存在です。

やっぱり一緒がいい

テレビで流れるタクシー待ちの人混み。歩いて淀川の橋を渡るサラリーマンの長い行列。

スーパーから水やカップ麺、パンが消えてく様子。

これって東日本大震災の時東京で起こったのと同じ映像です。

大阪に引っ越してきてすぐに地震にあうなんて運が悪いって思うけどそれでも両親と一緒でよかったと思います。

両親だけだったらもっと不安だったろうし私も心配でじっとしてられなかったと思います。

日本のどこで大きな地震が起こっても不思議じゃないなら一緒の方が断然安心です。

やっぱり大阪へ帰ってきてよかったと胸をなでおろします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ケンジ より:

    初めまして。私も兵庫県の南東部に住んでいますので、今回の地震には驚かせられました。ただ幸いなことに私の近辺では被害はほとんどありませんでしたが、交通はマヒしてしまっていました。
    タイトルにあるように、いつ地震があるかわからないですね。地震だけじゃない、いつ何があるかわからない。そう考えると、家族と、愛情を持てる人と、信頼できる人たちと常に身近にいて暮らしていくことが大事ですね。お金よりも何よりも大事なことと思います。
    いづれ別れの時は来るのですから。それまでの時間を大事にしたいですね。

    • aoi より:

      ケンジさん
      コメントありがとうございます。
      天災は如何ともし難いです。一瞬どうしようって考えるものの備えはしておいて
      後は普通に暮らすしかないですね。
      そうすると一緒の時間が大切なものに思えてきます。
      両親は高齢だから余計にそう思います。平穏な毎日がありがたいです。
      aoi