半分、投資。リタイア後はいいとこ1/3。

リーマンショックから10年目って特集ニュースでやってますね。

もう10年ですか!私にとってはあまりに鮮烈すぎて記憶もはっきり残ってます。

でもあの辛い時があったから今があるのかな。

スポンサーリンク



半分、投資。

大事な事たくさん学んだけど、中でも自分のリスク許容度がわかったのが大きいです。

退職当初、初の投資体験でいくら投資に回すかはっきり決めてませんでした。

まあ半分くらいは投資してもいいんじゃないかな。半分は現金で残しておこう。

もし投資した金額が半分になってもなんとかやってけるだろうし。そんな程度のもの。

手に負えない

でも実際リーマンショックを体験してみると投資に回しているのは半分だけなのに感情が揺さぶられます。一時は7割まで投資額は増えてしまいました。

投資額がドンドン目減りしていく感覚に耐えきれません。投資のことが頭から離れなくなって生活を支配されてしまいます。

初めての投資だから? 投資に慣れていないから?

それもあるかもしれないけどそれ以上に、自分のリスク許容度を超えていたんです。

心がついていかない

リスク許容度って実際に体験してみないと本当のところはわかりません。

私は結構図太い方だからって思っていたけど1/2を投資に回す事も無理でした。

計算上は大丈夫だけど気持ちが追い詰められます。

リスク許容度って頭ではわかっていても心がついていかないんですよ。

数字では乗り越えられない感情の問題。

いいとこ1/3

リタイアされた方で7割とか8割とか投資に回している人もいます。

そうすると増えるときは大きく増えるけど、私には到底無理です。

いいとこ1/3。私が投資に回せる金額は1/3程度のものです。今ではそう思います。

それくらいだと例え半分に目減りしたとしてもなんとかやり過ごせると思います。

リタイア後のリスク許容度はぐっと下がる

働いていて毎月の収入があるのなら感じ方も違ってくるんでしょう。

きっと半分くらいは投資に回せると思います。投資がどうあれ毎月暮らしていく収入はあるわけですから。そこまで追い詰められません。

リタイアには収入はありませんからリスク許容度もぐっと下がります。

この違いは大きいです。生活に直結しますから切実感が全く違ってくる。

もっというとリーマン級の経済危機がやってくると会社員自体も危うくなってきます。職を失う可能性もゼロではないのですから。

ちょっと心配しすぎ??リーマンを体験して用心深くなりすぎている??

それでもそこまでイメージしておいてもいいんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする